プラセンタ注射,注意点|プラセンタ注射って本当に大丈夫なの?注意点を教えてください。

 

プラセンタ注射の危険性と注意点

 

プラセンタ注射の感染症の危険性

 

プラセンタ注射はヒトの胎盤を原料としています。

ですから感染症などが心配になってしまいます。注射剤からの感染症を防ぐ対策として健康な妊婦からの確保できる胎盤のみ精選するようにしているといわれています(妊娠中のエイズ検査、肝炎検査などで陰性であるもの)、

注射剤製造時の滅菌医薬品メーカーでは完璧を目指して製造を行っていますが、ヒト胎盤を原料としていることに由来する感染の可能性を完全に否定することは不可能としています。

 

プラセンタ注射を受ける際の注射の手法も注意が必要です

 

プラセンタ製剤が医薬品として認可されていて安全性が高い注射手法は皮下注射、筋肉注射です。

注射剤の説明書にはメルスモンは「皮下注射」、ラエンネックは「皮下又は筋肉注射」を行うことと記載があります。

ですが一部のクリニックでは静脈注射、点滴が行われています。

プラセンタ製剤は静脈、点滴による注射ではショックなどの副作用がわずかに起こる可能性があります。

また説明を十分行ってくれる信頼できる医師のもとで治療を受けるようにしましょう。

 

プラセンタ注射の期間

 

プラセンタ注射はお医者さんが患者さんの症状を観察しながら投与していきます。

ですから体質によって注射を実施するスパンは様々です。足を運びやすい医療機関を選ぶようにしましょう。

初めの1~2か月は週に1~2回、3か月目から1~2週間に1回ほどが目安になります。

症状によってプラセンタ注射の効果を実感するタイミングは違いますが、数回で効果を感じる方が多いみたいです。3ヶ月は通院することをおすすめします。

 

コロプラプラセンタエキス原液のお試しサイズは980円です。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す