プラセンタ注射,種類|プラセンタ注射ってどんな種類があるの?

プラセンタ注射,種類|プラセンタ注射ってどんな種類があるの?

 

 

プラセンタ注射で用いられるプラセンタは人のプラセンタで人の胎盤から抽出したものを使用します。
人のプラセンタは医療用でしか認可されていません。
そして日本に存在する人のプラセンタは2種類だけです。

 

1、ラエンネック

 

まず一つ目はラエンネックです。
ラエンネックは、株式会社日本生物製剤が製造から販売までしているプラセンタです。
ラエンネックは日本生物製剤でしか作ることを許可されていません。
分子分画法という特殊な抽出方法で、プラセンタの大事な成分の成長因子が壊されずに抽出されるので、効果をしっかり実感できます。

 

2、メルスモン

 

60年の歴史をもつメルスモン製薬株式会社が製造から販売まで行っています。
メルスモンもラエンネックと同様、メルスモン製薬でしか製造を許可されていません。
塩酸加水分解法をつかったプラセンタエキスを抽出する方法になります。
この方法だと、有効成分が破壊されてしまう可能性があります。

 

ラエンネックとメルスモンどっちがいいの?

 

ではラエンネックとメルスモンはどちらの注射をすればいいのでしょうか?
私はおすすめするのは、有効成分もしっかり配合されているラエンネックです。
しかし実際には受ける方がどのような目的でプラセンタ注射を受けるのか?によると思います。
美容目的で受けたいというかたは、肌の細胞分裂を促進させ、血行促進をしてくれ、成長因子がしっかり配合されているラエンネックをおすすめします。
そして、更年期障害といった治療目的の場合は、メルスモンがおすすめです。
ですが、メルスモンとラエンネック両方を打つクリニックもあるそうです。
注射を受ける際のカウンセリングでしっかり納得のいくまで相談してからプラセンタ注射は打ちましょう!
ですが個人的にはプラセンタの抽出方法をみてもラエンネックのほうが効果があると思います。

 

コロプラプラセンタエキス原液のお試しサイズは980円です。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す