プラセンタ注射,種類|プラセンタ注射ってどんな種類があるの?

プラセンタ注射,種類|プラセンタ注射ってどんな種類があるの?

 

 

プラセンタ注射で用いられるプラセンタは人のプラセンタで人の胎盤から抽出したものを使用します。
人のプラセンタは医療用でしか認可されていません。
そして日本に存在する人のプラセンタは2種類だけです。

 

1、ラエンネック

 

まず一つ目はラエンネックです。
ラエンネックは、株式会社日本生物製剤が製造から販売までしているプラセンタです。
ラエンネックは日本生物製剤でしか作ることを許可されていません。
分子分画法という特殊な抽出方法で、プラセンタの大事な成分の成長因子が壊されずに抽出されるので、効果をしっかり実感できます。

 

2、メルスモン

 

60年の歴史をもつメルスモン製薬株式会社が製造から販売まで行っています。
メルスモンもラエンネックと同様、メルスモン製薬でしか製造を許可されていません。
塩酸加水分解法をつかったプラセンタエキスを抽出する方法になります。
この方法だと、有効成分が破壊されてしまう可能性があります。

 

ラエンネックとメルスモンどっちがいいの?

 

ではラエンネックとメルスモンはどちらの注射をすればいいのでしょうか?
私はおすすめするのは、有効成分もしっかり配合されているラエンネックです。
しかし実際には受ける方がどのような目的でプラセンタ注射を受けるのか?によると思います。
美容目的で受けたいというかたは、肌の細胞分裂を促進させ、血行促進をしてくれ、成長因子がしっかり配合されているラエンネックをおすすめします。
そして、更年期障害といった治療目的の場合は、メルスモンがおすすめです。
ですが、メルスモンとラエンネック両方を打つクリニックもあるそうです。
注射を受ける際のカウンセリングでしっかり納得のいくまで相談してからプラセンタ注射は打ちましょう!
ですが個人的にはプラセンタの抽出方法をみてもラエンネックのほうが効果があると思います。

 

コロプラプラセンタエキス原液のお試しサイズは980円です。

 

 

 

 

 

 

プラセンタ注射,間隔|プラセンタ注射って1回で効くの?それとも定期的に打つの?間隔はどのくらい?

 

プラセンタ注射というものは、継続的に打つことで効果が得られます。その間隔は・・・

 

静脈注射や点滴注射なら即効性も期待できますが、通常は皮下注射か筋肉注射になると思われますので、定期的に3ヶ月くらい打ったほうがいいようです。
どのような効果を期待するかによりますが、美容関係なら最初の2ヶ月は1週間に2回くらい、その後は2週間に1回くらいが平均だと思います。3ヶ月くらいで効果が出るといわれていますが個人差はありますし、長く続けたほうがその分効果は期待出来ると思います。

 

プラセンタ注射の効果を最大限に発揮するには・・・

 

やはりサプリメントや美容液を併用して、長期間継続することですかね。
個人差はありますので、効果が出てきたら少しペースを落として長く継続することで効果が維持しやすくなります。

 

コロプラプラセンタエキス原液のお試しサイズは980円です。

 

 

 

 

 

 

プラセンタ注射,副作用|プラセンタ注射を打った時の副作用とは?

 

プラセンタ注射でも、皮下注射、筋肉注射なら副作用の可能性はかなり低め!?

 

プラセンタ注射は副作用が報告されていますが、厚生労働省が認可した薬剤で正しい方法で注射すれば副作用の出る確率はぐんと減るということです。

厚生労働省が認可している薬剤は「ラエンネックとメルスモン」の2種類ですが、メルスモンに関しては副作用の報告は出ていないようです。

厚生労働省が認可している注射方法は「皮下注射、筋肉注射」の2種類です。

上記の点を意識するだけでも、副作用のリスクを回避できる可能性は上がるとおもいます。

 

低確率ではありますが、副作用が起こる場合もあります

 

プラセンタ注射(皮下注射、筋肉注射)で起こりうる副作用の例

 

その1、痛み、痒み
  • 注射をした箇所が赤くなったり、硬くなったり、痒くなったりします
  • あまりにも治らない場合は医者に行きましょう
その2、寒気、発熱
  • 初めて注射した場合には、微熱がしばらく続くことがあるようです
その3、内出血、腫れ
  • プラセンタ注射をした時に、その箇所が内出血をしたり、腫れたりする事があるようです
  • 内出血は治るまでにしばらくかかるみたいです
その4、アレルギー
  • プラセンタはたんぱく質を含みますので、アレルギー体質の方は要注意です
  • 過敏な方はやめたほうがいいと思います

 

「静脈注射、点滴注射、カクテル注射」は要注意!というかやめたほうがいいです

 

「静脈注射、点滴注射、カクテル注射」は、血管に直接針を刺してプラセンタ注射をします。当然、皮下注射、筋肉注射に比べて、効果が出るのも速いですが、リスクも大きいです。代表的な副作用は、血圧低下、呼吸困難、チアノーゼ、ホルモン異常などがあげられます。

「静脈注射、点滴注射、カクテル注射」は厚生労働省は認可していません。

 

まとめ

 

  • プラセンタ注射を打つときは、薬剤と注射方法が厚生労働省が認可しているものかどうかを必ず確認する。
  • 厚生労働省が認可している方法で注射したとしても副作用が起こるリスクがあることを認識したうえで注射する。
  • 静脈注射、点滴注射、カクテル注射は絶対ダメ!

 

コロプラプラセンタエキス原液のお試しサイズは980円です。