プラセンタ注射,保険適用|プラセンタ注射って保険は適用されるの?

 

プラセンタ注射には保険が適用される治療と適用されない治療があるといわれています。それでは、どのようなプラセンタ注射が保険適用されて、どのようなプラセンタ注射が保険適用されないのかを調べて書いてみます。

 

保険適用される3種類の治療

 

更年期障害、肝機能障害、乳汁分泌不全の3つの病気は治療薬としてプラセンタ注射が認められています。ということで、もちろん保険が適用されています。

 

その1、更年期障害

 

更年期とは、45歳から55歳くらいの閉経前後10年間くらいの女性のことを言います。卵巣の働きが衰えて女性ホルモンが低下してくることで、めまい、いらいら、憂鬱感、ほてり、のぼせ、などの症状が更年期障害の症状です。
更年期障害と診断されれば保険が適用され、プラセンタ注射が打てます。

 

更年期障害の治療時のプラセンタ注射の概要

 

使用される薬剤
  • メルスモン
投与方法
  • 皮下注射
投与間隔
  • 開始約2週間は1回1アンプルを週2回程度、その後週1回ペースで2~3か月続けると効果が出るといわれています。
更年期障害に効果のあるプラセンタの作用
  • 内分泌調整作用
  • 自律神経調整作用
注意点
  • 年齢制限がある
  • 保険が適用されるのは1回の治療で1アンプルまで

 

その2、肝機能障害

 

B型・C型肝炎ウィルスやアルコール性肝炎、肝硬変などで低下した肝機能に対してプラセンタの作用によって肝細胞増殖因子が活発化し、その結果、肝細胞が増えて肝機能が回復する効果が期待できます。

 

肝機能障害の治療時のプラセンタ注射の概要

 

使用される薬剤
  • ラエンネック

 

投与方法
  • 皮下注射、筋肉注射。即効性は筋肉注射、持続性は皮下注射。

 

投与間隔
  • 1回1アンプルを週2回程度、1年続けると効果が出るといわれています。

 

肝機能障害に効果のあるプラセンタの作用
  • 基礎代謝促進作用
  • 解毒作用

 

注意点
  • 保険が適用されるのは2アンプルまで
  • まれに、痒み、赤み、などの副作用がでることがあります

 

その3、乳汁分泌不全

 

通常出産後3日前後で母乳が出始めます。しかし、乳汁分泌不全とは、出産後4日以降も母乳が出ない状態を言います。
乳汁分泌不全の原因には、ストレス、栄養不足、ホルモン分泌異常などがあげられます。それに対してプラセンタの作用が効果を発揮するようです。

 

乳汁分泌不全の治療時のプラセンタ注射の概要

 

使用される薬剤
  • メルスモン

 

投与方法
  • 皮下注射

 

投与間隔
  • 1回1アンプルを5日間毎日注射する

 

乳汁分泌不全に効果のあるプラセンタの作用
  • 乳汁分泌促進作用
  • 内分泌調整作用

 

注意点
  • 保険が適用されるのは1回1アンプルまで

 

保険適用にならない5種類の治療

 

保険適用にならないのが、美容目的などの病気ではない治療です。

 

その1、美容目的の治療

 

使用される薬剤
  • ラエンネック
  • メルスモン

 

投与方法
  • ラエンネック・・・皮下注射、筋肉注射
  • メルスモン・・・皮下注射

 

投与間隔
  • 1回1アンプルを2ヶ月は週2回、その後月1回

 

美容目的に効果のあるプラセンタの作用
  • 基礎代謝促進作用
  • 抗炎症作用
  • 造血及び血行促進作用

 

その2、発毛、育毛促進目的の治療

 

男性でもプラセンタの効果が期待できます。

 

発毛、育毛目的に効果のあるプラセンタの作用
  • 内分泌調整作用
  • 造血及び血行促進作用

 

その3、疲労回復目的の治療

 

疲労回復目的に効果のあるプラセンタの作用
  • 造血及び血行促進作用
  • 自律神経調整作用
  • 活性酸素除去作用
  • 抗酸化作用

 

その4、肌荒れの改善目的の治療

 

肌荒れ目的に効果のあるプラセンタの作用
  • 内分泌調整作用
  • 抗炎症作用
  • 活性酸素除去作用
  • 解毒作用

 

その5、便秘改善目的の治療

 

便秘目的に効果のあるプラセンタの作用
  • 基礎代謝促進作用
  • 自律神経調整作用

 

最後に

 

保険適用されないクリニックや病院はもちろんありますので、事前にネットや電話で確認してご自身の治療が保険適用可能かどうかは確認してしたほうが安心だと思います。

 

コロプラプラセンタエキス原液のお試しサイズは980円です。

 

 

 

 

 

 

プラセンタ注射,献血|プラセンタ注射を打つと献血が出来なくなるってホント!?

 

プラセンタ注射を打つと献血が出来なくなると聞きました。さて、その真相はどうなのでしょうか?

 

プラセンタ注射を打つということ

 

今のところはプラセンタ注射を「経験」した方からの献血は拒否対象となっています。これはプラセンタによるクロイツフェルト・ヤコブ病の感染リスクを完全に抑えているとは言い難いという観点からです。よって今のルールの中では、一生献血は打てません。

ただしプラセンタによる献血拒否は厳密に医学的根拠がどうこうという訳ではなく、あくまでも「念のため」です。リスクは限りなくゼロに近いのですが、100%ないとは言い切れませんから。献血はNGですが、それはお役所仕事みたいなものでして、割り切るしかありません。

そんな曖昧な根拠のものですから、胎児には影響ないと思って良いと思います。
そもそも後々胎児に影響が出るようなら、契約書を書く段階で強く注意されるはずですし、そんな恐ろしいものを誰も打ちません。それがないということは、影響は考えにくいということです。

 

プラセンタ注射,献血に関する口コミ

 

プラセンタ注射剤を使用する際、今後は献血できなくなることについて了承したという「同意書」に、同意日付と署名をし、医療機関への提出を求められます。将来、ボランティア意識が芽生えて、献血したいと思っても、たった1回のプラセンタ注射によって献血不可となります。

なお、献血制限されているのは注射剤についてであって、経口摂取するサプリメントについては制限の対象外となっています。

また今後、あなたやご家族の誰かが輸血が必要な疾患に罹った、あるいは事故に遭った場合には、医療行為として必要な輸血はきちんとなされます。過去に献血していることが、将来輸血を受けるための条件ではありません。全く献血していなくても輸血は受けられますので、ご安心ください。

 

コロプラプラセンタエキス原液のお試しサイズは980円です。

 

 

 

 

 

 

プラセンタ注射,内科|プラセンタ注射って何科で打ってもらえるの?内科?

 

プラセンタ注射ってどこの科で打ってもらえるんですかね?
内科?外科?皮膚科?整形外科?
疑問に思ってる方が多いと思ったので調べてみました。

 

プラセンタ注射を打ってもらえる科こちら

 

内科、皮膚科、胃腸科、整形外科などで打ってもらえることが多いようです。
身近なところでいうと内科ですかね。

 

口コミ

 

プラセンタは効果が色々あるので、いろんな科でしています。一番多いのは皮膚科、整形外科ですかね。胃腸科や内科でも行っています。
注射でも静脈注射(肘の内側)なら点滴と比べて量が少ないだけで、筋肉注射(二の腕)より効果あります。金額は自費で1,000円~5,000円くらいなのできちんと調べましょう。更年期障害など治療として保険適用になる場合もあります。

 

口コミ

 

私は2か所通ってます。整形外科でラエンネック皮下注射2アンプル1,600円。もう一つは内科。ラエンネック点滴3アンプル1,900円です。
1アンプル1,000円だったら普通じゃないでしょうか?プラセンタ注射では通ってないですが、通ってる美容クリニックはラエンネック2アンプル皮下注射で2,100円です。

 

コロプラプラセンタエキス原液のお試しサイズは980円です。