プラセンタ注射,口コミ|プラセンタ注射を実際に打った方の口コミ、Q&A

 

プラセンタ注射を実際に打った方の口コミ、Q&Aを紹介します

 

Q、プラセンタ注射の効果持続時間について

A、正確な日数まではわかりませんが、皮下注射は即効性があるかわりに持続性に劣り、筋肉注射は持続性があるかわりに即効性には劣ると言われています。ちなみに、一番即効性があるのは点滴です。一番持続性がないのも点滴です。

 

Q、プラセンタ注射の間隔について

A、理想的なのは毎週ですがクリニックによっては2週間に1回の通院でよいというクリニックもあります。いずれも自費診療の場合です。

 

口コミ

 

ラエンネック点滴=効果が出るのが早い、効果が出すぎて?打ってから2日目、3日目あたりに顔がむくれたような感じになり、4日目あたりに効果のピークを迎え、それから効果がなくなっていく。

メルスモン注射=効果は徐々に効いて、次の注射を打つ1週間後まで安定し持続する。という感じです。

 

口コミ

 

私は内科でプラセンタ注射を打ち始めて8カ月が経過しました。皮下注射です。
最初の3ヶ月は週1でラエンネック2Aずつ、その後は週1~2でメルスモン1Aずつを打っています。35才以上なので更年期障害治療ということにしてメルスモンが保険適用にできたからです。

1ヶ月くらいで肌に効果が感じられ、3ヶ月も経つとあきらかに変わってきました。
ひどい冷え性がすっかり改善され生理痛もほとんどなくなりました。
だけど一番嬉しいのは美肌効果ですね。

肌がワントーン明るくなったと思います。シミと毛穴にも確実に効果が出ています。
半年くらいで基礎化粧品のランクを下げましたが、それでも以前より調子がいいです。あとバストにハリが出て乳輪の色が少し薄くなりましたw

 

口コミ

 

私はもう長い事プラセンタ注射を打っていますが、効果は確実に感じられます。
なんとなく・・・・という感じでうっていると実感としてはわからないかもしれませんが、普段から肌の調子に敏感な方でしたら、肌荒れが減ったり、肌にハリがでたり、うるおいを感じたりと美肌効果はかなり感じられると思います。私はアトピーなのですが、アトピーにも効果がありました。

 

コロプラプラセンタエキス原液のお試しサイズは980円です。

 

 

 

 

 

 

プラセンタ注射,注意点|プラセンタ注射って本当に大丈夫なの?注意点を教えてください。

 

プラセンタ注射の危険性と注意点

 

プラセンタ注射の感染症の危険性

 

プラセンタ注射はヒトの胎盤を原料としています。

ですから感染症などが心配になってしまいます。注射剤からの感染症を防ぐ対策として健康な妊婦からの確保できる胎盤のみ精選するようにしているといわれています(妊娠中のエイズ検査、肝炎検査などで陰性であるもの)、

注射剤製造時の滅菌医薬品メーカーでは完璧を目指して製造を行っていますが、ヒト胎盤を原料としていることに由来する感染の可能性を完全に否定することは不可能としています。

 

プラセンタ注射を受ける際の注射の手法も注意が必要です

 

プラセンタ製剤が医薬品として認可されていて安全性が高い注射手法は皮下注射、筋肉注射です。

注射剤の説明書にはメルスモンは「皮下注射」、ラエンネックは「皮下又は筋肉注射」を行うことと記載があります。

ですが一部のクリニックでは静脈注射、点滴が行われています。

プラセンタ製剤は静脈、点滴による注射ではショックなどの副作用がわずかに起こる可能性があります。

また説明を十分行ってくれる信頼できる医師のもとで治療を受けるようにしましょう。

 

プラセンタ注射の期間

 

プラセンタ注射はお医者さんが患者さんの症状を観察しながら投与していきます。

ですから体質によって注射を実施するスパンは様々です。足を運びやすい医療機関を選ぶようにしましょう。

初めの1~2か月は週に1~2回、3か月目から1~2週間に1回ほどが目安になります。

症状によってプラセンタ注射の効果を実感するタイミングは違いますが、数回で効果を感じる方が多いみたいです。3ヶ月は通院することをおすすめします。

 

コロプラプラセンタエキス原液のお試しサイズは980円です。

 

 

 

 

 

 

プラセンタ注射,効果|プラセンタの注射って効くの?いくらくらいするの?

 

プラセンタ注射の効果

 

プラセンタ注射は健康補助食品とは異なって、医薬品ですので医療機関でのみ注射をしてもらうことができます。

プラセンタ注射の効果は更年期障害、乳汁分泌不全の緩和、肝機能の修復です。

本来はこの目的でのみ活用されていましたが、患者さんの免疫力が向上したり美しい肌に変化したり、アトピーが良化したりとさまざまな本来の目的以外の好結果がもたらされ、現在では老化対策目的でも処方してもらえるようになりました。

 

いくらくらいで注射してもらえるのか?

 

プラセンタ注射はいくらくらいで注射してもらえるのでしょうか?

更年期障害、肝機能障害を対象にしたプラセンタ注射は保険適用内となると考えられます。

それ以外のことを目的とした治療は自由診療となり1本2000円くらいで受けることが出来ます。
注射1本いくらと明記している医療機関があればそうでない医療機関もあります。

 

コロプラプラセンタエキス原液のお試しサイズは980円です。